ローディング
Now loading....

わんにゃんの毒親にならない
ための処方箋

飼い主さまあなたのことが重たいです
~わんにゃんの毒親にならないための処方箋~

外部講師 森岡亜由美さんつぼうちあやこさんによるセミナー

 

獣医師とアニマルコミュニケーターの奇跡のコラボ企画

講座名とは裏腹に、笑いと優しさがあふれるゆたかなひととき

わんにゃんの毒親処方箋イメージ写真

特徴

毒親って聴くと良くないイメージが浮かぶかもしれません。

が、毒親という表現の根底に愛があります。

愛の量が多すぎて、毒と言う表現になってしまう。

その適切な愛の量がわかるのが、この講座です。

 

あーなんてことしていたのかしら、わたし・・と、自分を責める内容ではなく、きゃはははーそうだったのねーと、肩の力が抜け、ペットさんに対する愛を改めて感じられるような内容です。

講座の名前とは裏腹に、爆笑につぐ爆笑の楽しいセミナーなのです。

 

ねろたんがこのお二人のセミナーに惹かれた理由は、ペット関係のセラピストさんが知ることで、その先にいるクライアントさんたちに、適切な助言ができるようになるという思いから。

 

情報として、知識として、知ってはいる。

けど、体験してみてその意味が理解できたり、腑に落ちたりすることはたくさんあるのです。

 

獣医師とアニマルコミュニケーターという相反する立ち位置にいる二人からの見解を聴けるのは、ご自身の見解を広げることができるまたとないチャンス。

 

スピリチュアルと科学。

双方からの見方を体験することで、それ以外の何かに対しても見え方が変わることでしょう。

挿入写真01

挿入写真02

ワークショップ

犬猫と人の感覚的な違いを理解するためのワークショップ。

アニマルコミュニケーターの森岡亜由美さんがセッションを通して感じたことを、獣医である坪内亜矢子さんが科学的に見るとどういうことなのかを体験します。

 

アニマルコミュニケーションで、ペットに対する疑問を聞き出すことができます。

でも、どうぶつとしての感覚を知っていたら、その疑問がそもそも生じるのか?と言う事があります。

感覚を知っていることで、不用意に悩むことも減ることでしょう。

 

獣医さんのお話を、どうぶつ病院以外で聞けることは、日常ではなかなかないと思います。

獣医さんとの健やかな関係を築くために知っておきたいこと。

病院に行く際、飼い主さんにこのポイントを押さえておいて欲しいこと。

飼い主さんと獣医さん、お互いが理解し歩み寄れるようになるために知っておくといいなということ。

なども含め、役立つ場情報は満載です。

 

参加された方には、どうぶつ病院に行く際に、役立つシートをプレゼント。

このシートに書かれていることを伝えることで、いざという時の獣医師との意思疎通が(必要な情報を伝えることが)できるようになります。

そして、悩みも減るワークもあります。

お楽しみに。

座談会

しあわせな看取りについて

西洋医学を毛嫌いしない

どうぶつの生態

問題行動など、その場に応じて様々な情報を受け取ることができます。

挿入写真03

受講費

金額(税別)
ワークショップ
のみ
15,000円
座談会のみ10,000円
両方受講22,000円

スケジュール

開催日

未定

時 間

開催時間
ワークショップ13:00~16:00
座談会16:00~18:00

適宜休憩あり

定員

10名

 

開催場所

東急東横線・目黒線 元住吉駅
徒歩5分
ヒーリングサロンMichi-Terrace

※人懐っこいネコがおります。

zoomで受講する場合の方法

無料で利用することができるweb会議室で、スマホやPCを利用し、世界中のどこにいても利用することが可能になる便利なツール。

 

使い方はとっても簡単です。

お申込された方に、会議室のURLをお送りします。

そのリンクをクリックされると自動的にzoomアプリのダウンロードが始まり、インストールされて会話ができるようになります。

zoomでの受講はお申込者のみとなります。

ワークがあるため、音声のみはNGで顔出しでの受講となります。

お申込みとお支払い

お申込み先

お申込みは、こちらのボタンをクリック

お申込み後はすぐに返信メールが送られます。
届かなかった場合は、アドレスの書き間違いや受信設定に問題がある恐れがありますのでご確認ください。

お支払い方法

指定口座への事前振込み
クレジット(ペイパル)

クレジットでのお支払いの場合は、別途手数料がかかります。

こんな方におススメです

アニマルコミュニケーター

ペット関係のお仕事をされている方

わんにゃんの飼い主さん

ピンときた方

注意事項

ペットの同伴はできません。